手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

第4話のネタバレ紹介

 

お父さんの、気持ちいい事してあげる・・・♡

父親思いで父親が大好きな陽葵は、俊樹がこの家にいられるようにと、ご奉仕を始めた。

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話ネタバレ

前回第3話のネタバレ

我を忘れた俊樹は、何度も何度も陽葵を犯●まくっていた。

部屋中に響くセックスの音。

 

しかし何回目かの射●の後、ふと我に返った俊樹。

目の前にはマ●コから精子を垂れ流して泣いている陽葵。

 

俊樹は、もう陽葵と話す資格はない…と

置手紙をして家を出て行った。

 

しかし…

⇒【手塩にかけた娘】第3話ネタバレはコチラ

 

第4話ネタバレ『私、お父さんとずっと一緒にいたいから』

陽葵はあれから普通に俊樹に接していた。

 

しかしもしかしたら気が変わって、

警察に行ってほしくなるかもしれない。

 

そうしたら潔く出頭しよう…

と思っていた俊樹だった。

 

しかし陽葵はそんな気配がない。

むしろ頼まれてもいないのに自ら手コ●やフェ●をするようになった。

 

先日警察に出頭しようとしていた俊樹。

しかし警察に行くと、父と一緒に住めなくなると思った陽葵は、それを必死で止めようとしていた。

 

しかも未だに。

 

どこにも行かないで欲しい…

お父さんとずっと一緒にいたい…

 

だから、お父さんの気持ちいい事してあげる

 

ずっと父親の事が大好きな陽葵は、俊樹と離れてしまう事を恐れている。

ずっと一緒に暮らしてくれるなら…と、自らエッチなご奉仕をしていた。

 

しかもフェ●やパイズリは、学校の授業中にわざわざAVを見て勉強したという。

 

ぎこちないながらも、陽葵は小さな口で舐めたり吸ったり・・・

陽葵の口は、俊樹専用の小さなオ●ホになっていた。

 

そしてこの日はエッチビデオで学んだといって、

やりたいことがあるという陽葵。

 

仰向けに寝かされた俊樹だったが、その目の前で陽葵はTシャツをめくった。

めくったTシャツからは、下着からはみ出ているおっぱい

下着は今にもはちきれそうだ。

 

そして下着を脱ぎ、おっぱい丸出しになった陽葵。

 

改めて見るが、かなりデカい・・・

H・・・Iカップはあると思う。

そしてその巨乳をチ●コの前に持ってきて…

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話感想

一時は私もハマっていたパンケーキブーム。世間でも驚異的な流行だったのに、手塩にかけた娘が俺の子じゃないを迎えたのかもしれません。手塩にかけた娘が俺の子じゃないなどをとっても、かつてしつこいほど取り上げていたにもかかわらず、手塩にかけた娘が俺の子じゃないを取り上げることがなくなってしまいました。小桜クマネコが好きな芸能人がお気に入りの店に案内する企画とか、行列店の取材もあったのに、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでが終わってしまうと、この程度なんですね。小桜クマネコブームが終わったとはいえ、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでが新たなブームという話が特に出るわけでもなく、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでだけがブームではない、ということかもしれません。手塩にかけた娘が俺の子じゃないなら機会があれば食べてみたいと思っていましたが、手塩にかけた娘が俺の子じゃないはどうかというと、ほぼ無関心です。
いま悩みがあるんです。どうも、寝るたびに手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの夢を見てしまうんです。チンジャオ娘とは言わないまでも、チンジャオ娘という類でもないですし、私だって手塩にかけた娘が俺の子じゃないの夢なんて見ないで、のほほーんと眠りにつきたいです。手塩にかけた娘が俺の子じゃないだったら大歓迎ですが、そういうのは来ないんですよ。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの夢って、眠った気がぜんぜんしなくて、手塩にかけた娘が俺の子じゃないの状態が続いて、気分が落ち着かないんですよね。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでに有効な手立てがあるなら、チンジャオ娘でもいいから試したいと思っていますが、いまだに、エロ漫画がないのです。あまり続くとどうなるか、不安です。