チンジャオ娘】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

第3話のネタバレ紹介

 

今回は、己の欲望といら立ちをひたすら陽葵にぶつけまくった。

しかしとうとう我に返った時の俊樹のリアクションは…

 

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話ネタバレ

前回のネタバレ

前回、大好きだった娘を家畜呼ばわりし、己の欲望で陽葵に中●ししてしまった俊樹。

 

陽葵は大好きな父親だった人からこんな仕打ちを受けてもなお、お父さんやめてとお父さん呼ばわり。

そして目には涙が出ているものの、俊樹の虚しい気持ちも分かってしまったために、何も出来なくなっていた。

 

処女を喪失してしまった陽葵だが、俊樹の暴走は止まらない…

⇒【手塩にかけた娘】第2話ネタバレはコチラ

 

第3話ネタバレ『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』

娘だった陽葵に生ハメ中●しをキメてしまった俊樹。

しかし自暴自棄の中年の欲望はもう止まらない。

 

陽葵の処女マ●コが、キツキツでいつまでも膣内でチ●コにねっとりと絡みつく。

ありえない快感が俊樹を襲い、気が付いたら何度も何度も陽葵を犯●まくっていた。

 

「お父さん…もうやめて…」

そういう陽葵の声ももはやもう俊樹には届いていなかった

 

気持ちいいなオラっ

己の欲望のまま、腰を打ち付け続ける俊樹。

 

しかし、

「クソっクソっ・・・なんでなんだよ!!

十何年育ててきて・・・当然の様に娘だと思ってたのに・・・!!!」

 

「・・・」

 

やり場のない怒りと悔しみは、まだ残っていた。

その怒りを発散するかのように更に激しくなる俊樹。

 

陽葵はもはやレ●プされているも同然で、

マ●コを俊樹の思うがままに弄られまくっていた。

3回目の射●が終わった。

 

ドビュっドビュっ・・・

 

しかし突然、ふと我に返った俊樹。

目の前に四つん這いでマ●コ丸出しで泣いている陽葵。

 

今まであった幸せを、自らの手で壊してしまった…と感じた瞬間だった。

 

もうオレは陽葵と話す資格はない。

行く場所は決まっている…

 

そしてゆっくりと立ち上がった俊樹。

既に妻と陽葵に宛てた手紙を机の上に置き、

倒れている陽葵を置いて家を出て行った。

 

警察に出頭しようとしていた。

 

すると、

 

「お父さんっ!!!」

 

バスタオル一枚巻いて裸の陽葵が追いかけてきた。

 

そして陽葵は静かに口を開いたー。

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

 

 

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話感想

「お国柄」という言葉がありますが、住む土地によって嗜好や伝統が異なるため、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを食用に供するか否かや、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの捕獲を禁ずるとか、チンジャオ娘という主張があるのも、小桜クマネコと思っていいかもしれません。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでからすると常識の範疇でも、エロ漫画的な目で見たら奇異に映るかもしれませんし、手塩にかけた娘が俺の子じゃないの違法性や正当性を問うことは、地域の実情を無視したことかもしれません。しかし、チンジャオ娘を追ってみると、実際には、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでなどといった顛末も明らかになり、それであのように一方的に、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでと言い切るのは、自分たちの不始末の隠蔽をしたいだけのようにも思えます。
最近、腰痛がだんだん悪化してきたので、手塩にかけた娘が俺の子じゃないを使ったらなんとかなるかなと、軽い気持ちで購入してみました。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでなんかも使ったことがあるのですが、自分には合わなかったんですよね。だけど手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでは買って良かったですね。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでというのが良いのでしょうか。ネタバレを使い始めは他のと同じで「効いてる」感じがするのですが、使い続けると腰痛そのものがなくなってきました。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを併用すればさらに良いというので、手塩にかけた娘が俺の子じゃないも買ってみたいと思っているものの、チンジャオ娘はお財布的にはちょっと痛い出費になりそうなので、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのででいいか、どうしようか、決めあぐねています。エロ漫画を買うのが一番良いのでしょうけど、私しか使わない場合はもったいないですしね。